先端材料

日本の宇宙研究における最先端技術が集まるJAXAにて、ロケットの先端に塗布する断熱技術を建築資材として技術転用された今までにない断熱塗装です。
 技術転用にて、機能性環境改善塗料(GAINA)は、従来の常識を覆し、断熱性の高い特殊セラミックを塗料化に成功することが出来、塗るだけで断熱、遮熱、結露防止、防音、防汚、空気改善など、15項目に及ぶ機能を発揮することに成功したものです。

住まいの高環境を実現させる15の機能


■経済的省エネルギー効果

断  熱 ガイナを建物の天井、内壁にぬるだけで、今まで外に逃げていた熱エネルギーの約60%を封じ込め、冬暖かい究極の内断熱が完成します。
遮  熱 ガイナを建物の屋根、外壁に塗るだけで、太陽光線から受ける影響の約95%を反射し、夏涼しい究極の外断熱が完成します。 
耐  久 ガイナは特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂をハイブリットにすることにより、優れた耐候性を持ち、一般塗料の2~3倍の寿命になります。

■能性効果

防  汚 ガイナに含まれる特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂の効果で、優れた帯電防止性、親水性塗膜となり、防汚性を発揮します。
弾  性 ガイナは弾力性に富んでいるため、亀裂ができにくく、衝撃、振動に強い塗膜に仕上がります。 
不  燃 ガイナは特殊セラミック効果により、塗布する材料に合致した不燃性能を発揮します(国土交通大臣認定)。
施  工 ガイナを塗布するには、特別な工具を必要としません。刷毛、ローラー、コテ、ガンなど、あらゆる工具で美しい仕あがりが可能になります。