滋賀 東近江 屋根・瓦 新築・リフォームの 株式会社イノダ

株式会社 イノダ

UAV写真測量で出来ること

UAV写真測量とは?

UAV写真測量とは?

従来の光波測距儀を使用した測量とは違い無人機を使って、一定の高度から写真撮影し必要範囲を測量する方法です。上空からの測量なので、平面測量に適しています。

上空からの写真データを
点群解析することで
3次元で建物や
地面の形状が分かります

  • 平面測量・・・
    敷地の上空からの形状
  • 断面測量・・・
    地面の横からの輪切りにした形状の測量
  • 高低測量・・・
    建物の高さや地面の高さの測量
  • 現況敷地図

    • 現況敷地図
    • 現況敷地図
  • 断面図

    • 断面図
    • 断面図

ドローン写真測量の活用

起工測量とは?

工事の着手前に測量を行う必要があります、これを起工測量といいます。起工測量では着手前の現場形状を把握することにより、設計変更が必要かを判断するための重要な測量作業です。
また工事着手前にドローン写真測量を活用していただくことで起工測量の時間短縮につながります、そして工事での「必要土量の算出」や「発生残土」の把握にも活用できます。

出来形測量とは?

工事完了後に設計図面をもとに工事が出来ているかを確認するための測量で工作物が適正にできているかを点検するために行います。ドローン写真測量を使えば工事個所全体を測定することができて、あとから見直すことが出来るのが利点です。
また3次元起工測量によって得られた工事前のデータと設計データ、そして施工後の3次元出来形計測のデータがあれば、どのような精度で完成したかをあとで見返すことができ施工精度が一目で確認できます。

従来型の測量とUAV写真測量の違い

  • 従来型の測量

    従来型の測量

    光波測距儀を使い、地形の変化点ごとにターゲットを持って測量者が立ち、角度と距離を測量する、測量後パソコン処理をして、CAD内で測点を展開して結線作図していき平面図や横断図を作成していきます。

    • メリット

      • 平面図を作成する目線で現地を移動して測定することができる
      • 現地で人や車の往来があっても測量ができる
      • 現在のところ一番正確で信頼されている測量技術
    • デメリット

      • 障害物で測量したいポイントが測れないこともある
      • 雨天時など天候に左右される
      • 災害現場なども測量者がポイントまでいかないと測量できない
  • UAV写真測量

    UAV写真測量

    ドローンが位置情報を記録しながら必要範囲の上空を航行して写真測量したあと、専用ソフトで点群解析をすると位置や高さがわかり、対象地の地形や建物が3次元点群として測れます。

    • メリット

      • 測量時間が短縮できる
      • 災害現場や高さのある建物など人の行きにくいところでも行くことができる
      • 広範囲の測量に向いている
    • デメリット

      • 天気と風に左右される
      • 飛行禁止区域がありドローンが飛行できないところがある
      • 広すぎる範囲の測量には向いていない
      • 建物の日陰は点群測定ができない
      • 測量成果にならない木や車も測定してしまう

イノダのドローン測量

\イノダの測量はここが得意!/

  • ポイント
    01

    移動基地局があり、固定アンテナでドローンの位置座標をリアルタイムに補正しながら写真測量をすることが出来るので、評定点の設置をしなくても測量ができ、標定点設置のための立ち入りが難しい災害現場などに向いています。

  • ポイント
    02

    実績と信頼のある点群解析ソフトを用意しています現況敷地図の作成も、解析データの提出も、データ形式はいろいろ対応できます。

  • ポイント
    03

    測定できなかった現況敷地は補足測量で対応し平面図を作ります。

当社測量事例の一部を紹介します

  • 現況敷地図

    建築設計事務所様 現況敷地図作成

    既存施設利用の設計図としてご使用いただきました。

  • 河川断面図

    建築設計事務所様 河川断面図作成

    開発申請のための雨量計算でご使用いただきました。

UAV写真測量の測量精度

当社で実際にドローン写真測量し得られた結果をご紹介します。

ドローン写真測量し得られた結果

実際にドローン測量の時に赤色目印を3箇所、10m間隔で置いて測量しました。結果、実際の距離との誤差はほとんどなく、平面作図するにも十分といえます。

面積資料

事前に提供いただいた人工測量した面積資料の箇所をドローン測量し、面積の比較をした結果、人力測量では2994.3㎡に対し、UAV写真測量では2992.2㎡となり、誤差が-2.1㎡ほどになりました。UAV写真測量は、平面作図や対象地のおおまかな面積の測定でも使用できます。

知っておいてほしいこと

  • ドローンが飛行できない場所があります。

    • 空港周辺
    • 人家の密集地域
    • 学校、病院や第三者の往来が多い場所など不特定多数の人が集まる場所や上空。
    • 高速道路、交通量が多い道路、鉄道の上空。
    • 高圧線、変電所、電波塔や無線施設等の施設周辺。
    • 雨の時や雨の降りそうなとき、風の強い時。
  • ドローン飛行に飛行申請がいります。

    • 空港等の周辺の空域や人口集中地区の上空を飛行させる場合等、また、夜間や目視外等において無人航空機を飛行させる場合
    • 地表又は水面から150m以上の高さの空域を飛行させる場合
  • 地形の計測には、測量範囲の伐採が必要です。

  • 写真に写らない樹木の下の地面などは計測できません。
    (ドローン写真測量後に現地補足測量をします。)

使い分けてご依頼ください

従来の光波測距儀とドローン写真測量とは現地の状況、敷地図面の要求される精度が違います。使い分けていただき作業の要請をいただけるとありがたく思います。
ミリメートルの精度が要求される測量では、光波測距儀を使った測量をしていただき、厳しい精度は要求されない、けれど広範囲の測量を短時間でする場合はドローン写真測量で出来ます。

データの活用

  • 解体する家を3DSCANして、データで保管

    解体する家を3DSCANして、データで保管

    実家を解体し新しく建設することになったお客様に、今までなら家の状態を写真で保管するだけだったものが、イノダで空撮した映像であればいつでもパソコンの中で、しかも3D画像で見ることが出来ます。また、合わせて計測する解体当日までの近所の様子も3Dで切り取ることが可能です。

  • 学校の授業の一つとして

    学校の授業の一つとして

    学びの場所として普段から使っている学校を一つの教材として、「測る」ということを一つのテーマとして授業をしませんか?普段の授業で扱う定規や巻き尺といった直接対象物を測るやり方ではなく、対象物全体を一度にとらえて、非常に大きなものを正確に短時間に測る場合、どのように測ればよいかを考えつつ、最新の計測方法を知ることで、より知識を深めることが出来ると思います。

  • 3DSCANデータを図面として取り込む

    3DSCANデータを図面として取り込む

    UAV計測を行い、点群データとして解析を行ったものをxyz形式及びe57形式でARCHICADへ直接取り込むことが可能となり、新築、改修、リフォーム工事の現状の把握、図面の作成をスピーディーに行うことが可能となります。

  • 起工測量

    河川などの工事において、着工前の起工測量でUAV測量を行うことで広範囲の情報を素早く3Dで把握出来ます。また、出来高状況の把握にもご使用いただけます。

    • 起工測量
    • 起工測量

測量の一例

  • -建築案件-

    • 点群解析

      解析ソフトTerraMapperで点群解析

      点群解析

    • 3次元点群からトレース作業

      測量CAD TREND-ONEでトレースと作図作成

      3次元点群からトレース作業

    • 作成図面

      納品データはJW-CAD 形式やDWG形式などお客様から指定された形式で納品できます。

      作成図面

  • -土木案件-

    • 断面箇所指定

      ソフト上で必要な断面箇所の間隔と幅を指定

      断面箇所指定

    • 作図作業

      作図作業

    • 完成図面

      完成図面

      完成図面

      完成図面

お気軽にお問合せください

お問い合わせ

0748-48-3156

【受付時間】9:00〜18:00
(土日祝日除く)

PAGE TOP

  • 【受付時間】 9:00〜18:00(土日祝日除く)

  • お問い合わせ

    滋賀県東近江市五個荘
    簗瀬847番地の5

Copyright INODA Col.td All Rights Reserved.